金融生活辞典

当サイトについて

当サイトでは、家計のお金に関することから、事業の資金に関することまで、 マネーに関する色々なことをテーマとしてまとめています。お金は、正しく借りて、賢く返済し、正しく貯蓄、投資して、 賢くためていくことが重要だと考えます。

ローンやキャッシング、月賦払いなど、できれば避けて通りたい 融資を受けるということも、時には必要となるでしょう。

お金も、結局は道具とみれば、道具を如何にうまく使うかによって、 暮らしを豊かにし、夢や希望をかなえられるかか決まってくると思います。

融資を受けて利、投資をしたり、消費したりする中では、 失敗や成功はどうしてもあります。成功の確率を上げ、トータルで お金を増やしていくには、やはり金融に関する知識と学習が必要だと思います。

最新情報

急にお金が必要になった時どうする?

急にお金が必要になった場合、どのように調達するか、考えていますか?

親や親類に借りることができるならば時にはそれも良しとしましょう。

でも単なる友人、知人には借りなうほうがいいでしょう。お金の貸し借りは 人間関係を壊すことが多いですから、わずか数万円であってもやめておいた方がいいです。

もし必要なお金が50万円以上で、1週間程度で用意すればいい場合は、金利が低く 限度額も高い銀行のカードローンがいいでしょう。

50万円未満で短期間だけ借り、直ぐに一括で返せる程度の場合は直ぐに借りられる ノンバンクのキャッシングがいいでしょう。

ノンバンクのキャッシングは、申し込んだその日に借りられる、即日キャッシング対応 のところもありますし、30日間無利息のサービスがあるところを選べば、どの 方法よりも短期間ならば利息が少なくて済むからです。

教育資金の一括贈与、非課税を利用しよう

大学全入時代と言われるようになっています。

大学ほんの一部を除いて、本当にどこでもいいのならば、簡単に入れるようになりました。

中学レベルの英語ができなくても、平気で大学入れてしまいますから・・・・

まったく何が大学だよと思います。しかし、お金の面で言えば飛んでもなく高いです。

4年生の私大では、年100万円越えがあたりまえ、文学部でも4年間で500万円ほどかかってしまいます。

日本は公立高校ですら、4年で200万円以上かかるのですから、実に教育にお金がかかかる国です。


2014年4月14日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄

保険の補償内容は、ダブらないように

民間の医療保険や生命保険や、子供保険などに加入する場合、また加入している場合は、保証の内容の重複に注意したほうがいいです。

重複して保証を受けていればそれは手厚い保障ともいえますが、家計に余裕がある場合はいいですがそうでない場合は、無駄という考え方ができます。

削って、月の支払いを抑えて、貯蓄して、住宅ローンなどの繰り上げ返済に充てれば、家計がすごく楽になるからです。

特に見落としがちなのが、国民年金の保証部分です、国民年金加入者は、障害年金というものが用意されています。

2014年3月 6日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

低金利4%~8%の銀行カードローン

生活資金など、使途の目的の自由な岩いる消費者金融商品は、借りる金額にもよりますが、金利は10%以上がざらです。

普通の銀行のカードローンでも、4%~18%ぐらいが平均で、下の金利は低いものの、これは、数百万単位で借りる場合の金利なので、上限の十数パーセントでみれば、そんなにノンバンクの消費者金融の金利と大きく変わりません。

そんななか、すごく低金利の銀行があり、4.400% ~ 8.600%で限度額が500万円までというカードローンがあります。

下限は3%大の銀行もあるので、一番低いわけではありませんが、3%台の金利は700万とか800万とかある場合でしょうから、あまり庶民には縁はないでしょう。

2014年2月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

土日当日に借りることはできるのか?

金融機関が休日の日に融資を受けることができるのか・・・・

方法としては、ATMでキャッシングするという方法がありますよね。

ATMならば、休日でも稼働していますから、銀行がやっていなくとも、コンビニなどにもありますからね。

しかし、キャッシングカードを持っていなくて、土日融資を受けるには、休日でも申込ができて、即日融資してもらえるところでなくてはならないですよね。

こういう場合は、ノンバンクを利用するしかありません。

2013年12月 9日||トラックバック (0)

カテゴリー:借入