2013年11月の記事一覧

ニーサの投資は投資信託を細かく購入がいい

NISAのための口座開設が凄い人気ですが、NISAの非課税枠は、たったの100万円ですから、本格的な投資にはむきません。

どちらかというと、若者が老後に備えて、数十年位の運用を考えてする、その最初の5年間位的な考え方がいいと思います。

1万円単位で、たくさんの投資信託を分散して買い付けていくのが正しい選択肢だと思います。

また、毎月分配型ではなく、複利で長期で運用するタイプがいいでしょう。

ですが、ここぞとばかり、証券会社などはシルバー世代にも、毎月分配型の投資信託などすすめています。

2013年11月 5日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄

FPに相談して家計の見直しも必要かも

円安で、輸出企業はほくほくのようですが、物価が上がっているのにはまったものですね。

資源高では、企業の業績もよくないところもあるわけですから、全ての起業が儲かっているわけでもないようですから、賃金がどの程度の起業で上がるのかはまだまだまみちすうですよね。

こんな状況で家計の収支について、悩みをかかえている主婦はおおいでしょう。

今月には住宅ローンの金利も上昇し、金利見直し時期の人は、返済額が増えるでしょう。

家計の収支についての悩みの相談ができる専門家としては、FPがいます。

これまで、家計の悩み相談をできるような期間も専門家もありませんでしたが、これからはそんな悩み相談を第三者にする人も増えてくるでしょう。

2013年11月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

FXは確定申告の義務がある

FXで成功しながら、脱税で逆に破綻人たちも結構いるようです。税金の申告をしないと大変な事になるので、FXを始める人は、始める前に確定申告についてしっておきましょう。

FXである程度利益を生む事ができるようになってくると、確定申告の必要が出てきます。

FXの確定申告には規定があり、利益が20万円以上出た場合に申告の必要があります。

FXを始めたばかりの方で、会社での年末調整しか経験のない方には自分で確定申告をするという事は面倒に感じる事でしょう。

ですが、確定申告をしない事により、後になって重加算税の対象となってしまう事があります。
そうならない為にもきちんと申告するようにしましょう。

2013年11月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資

意外と知らない国民年金の付加年金

国民年金って、厚生年金に比べるととても低い金額です。
年金額を増やすには、国民年金基金というもの加入する方法があります。

国民年金基金というのは、、会社員の加入する厚生年金基金と、国民年金しか加入していない第1号被保険者との受給金額の差を無くす目的で、設けられた制度なのだそうです。

しかし、自営業者や厚生年金に入れない日雇いやパートでは、なかなか国民年金基金の保険料まではらっていくのは簡単ではありませんから、実際には加入したくても入れないという人もいます。

だったら、もうもらえる年金を増やすことができないのかといいますと、実は、もう一つ方法があるのです。

2013年11月 2日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄

円安でFX投資人気再燃?

数年前、円安の進行で、誰でも、円を売ればもうかる時代があり、FX取引が個人の投資家の間でとても人気になりました。

しかし、急激な円高になって、かなり多くの個人投資家が痛い目見たともいわれています。

ここ最近、また円安に誤記出しているため、再びFXに注目する人が結構出てきているようです。

FXという投資の手段にまだなじみも無い人もおそらくいると思うので、解説がてら書いておくと、

FX取引は手この原理を上手く活用しコントロールする事で大きな利益を生む事ができるため、レバレッジで儲けることができる、つまり小さな投資資金で大きな利益を生み出せるといいます。

株取引と違いFXでは、取引法によって円高、円安のどちらでも利益が発生します。

2013年11月 2日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資

カードローンって必要かなあ・・・

預貯金があれば、普通はキャッシングすることはないですよね。

ただ、出先で現金が足りないといった場合は、誰でも起きる可能性はあるものです。

そんな時は、クレジットカードのキャッシングを利用するという方法があります。

ただ、クレジット会社の金利は結構な金額なので、数万円程度を数日だけ借りるには適していますが・・・

何かけ月も、そして何十万も借りるには、ちょっと金利が高いのでもったいないです。

2013年11月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

開業資金の調達

景気が良くなってきましたね。でも賃金って、上がっても大してことないでしょうね。
物価や消費税のことを考えてら、一般の会社員の家計の暮らしは、良くはならないでしょう。

もし、暮らしを豊かにしたいのならば、ここは、景気回復に合わせて、開業して、自分で稼ぐということをするのもいいと思います。

開業資金が必要ならば、公的事業ローンを考えましょう。圧倒的に民間の事業ローンよりも低利で借りられます。

各都道府県には、色々な事業資金の融資制度が用意されていますが、まず間違いなく用意されているのは、創業のための融資制度です。

2013年11月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

住宅ローンの事前審査って知っていますか?

住宅購入に住宅ローンを利用することが殆どだと思いますが、マンションや、土地、物件を見に行くまえに、しておいた方がいいことがあります。

それは住宅ローンの事前審査をです。

ようやく気に入った物件が見つかったのに、住宅ローンを組もうとしたら、審査に通らなかったというのでは、がっかりですね。現在の自分の信用度を確認しておく意味でも重要です。

住宅ローンの専門会社や民間銀行など、審査の基準によって、多少難易度がことなりますから、本審査の前に、住宅ローンの事前審査をしてもらうほうがよいと思います。

この事前審査は簡易な審査なので2~3日で結果がでます。

2013年11月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン