FPに相談して家計の見直しも必要かも

FPに相談して家計の見直しも必要かも

円安で、輸出企業はほくほくのようですが、物価が上がっているのにはまったものですね。

資源高では、企業の業績もよくないところもあるわけですから、全ての起業が儲かっているわけでもないようですから、賃金がどの程度の起業で上がるのかはまだまだまみちすうですよね。

こんな状況で家計の収支について、悩みをかかえている主婦はおおいでしょう。

今月には住宅ローンの金利も上昇し、金利見直し時期の人は、返済額が増えるでしょう。

家計の収支についての悩みの相談ができる専門家としては、FPがいます。

これまで、家計の悩み相談をできるような期間も専門家もありませんでしたが、これからはそんな悩み相談を第三者にする人も増えてくるでしょう。
資格取得したFPに家計の収支の悩み相談をすれば、きっとなにか良い案をアドバイスしてくれるのではないかと思います。。

収入が増えないのですから、出ていく方を減らすしかないですから、保険の見直などをすることで、月々数千円でも減らす事ができるかもしれません。

ただし、現代の保険の種類は複雑で、素人見直しをするのはかなり困難ですから、やはり自分でやるよりも、FPなどの専門家にするのが一番だと思います。

生命保険を見直して、死亡保障などよりも、病気や怪我にそ なえて、入院費用や、治療費の補償を手厚くする方向で、医療保険やがん保険など、 もっとせまく特化したものに切り替えて、月の支払いを減らした方が楽だと思います。

女性ならば、一番怖い癌にだけは女性がん保険備えておくとか、限定的に一番怖い部分の補償だけ手厚くしておくという方法がいいのではないかと思います。

2013年11月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.stc-indiana.org/mtos422/mt-tb.cgi/24