保険の補償内容は、ダブらないように

保険の補償内容は、ダブらないように

民間の医療保険や生命保険や、子供保険などに加入する場合、また加入している場合は、保証の内容の重複に注意したほうがいいです。

重複して保証を受けていればそれは手厚い保障ともいえますが、家計に余裕がある場合はいいですがそうでない場合は、無駄という考え方ができます。

削って、月の支払いを抑えて、貯蓄して、住宅ローンなどの繰り上げ返済に充てれば、家計がすごく楽になるからです。

特に見落としがちなのが、国民年金の保証部分です、国民年金加入者は、障害年金というものが用意されています。
障害年金を受給できる条件は、初めて医者にかかった日の前々月までの国民年金保険料納付済みの期間(免除承認期間等を含む)が加入期間全 体の3分の2以上である事と、平成28年3月末までに初診日がある場合は、初診日の前々月までの直近1年間に未納が無いことが必要ですが、

普通に無頼になっていなければ誰でも満たす条件ですから、普通は対象になるわけです。

受給額は、障害1級で年間990,100円、障害2級は792,100円のとなり、級によって大きく違いますが、ずっと続くわけで、結構な額が支給されるようになっています。

また世帯主死亡の保証もちゃんとあります、遺族基礎年金や寡婦年金、死亡一時金といったものです。

遺族基礎年金は、老齢基礎年金の資格期間を満たした人が死亡した時に、その妻(子がいる)またはその子(18歳になる年度末まで)が受給する資格があります。

遺族基礎年金の受給額は、子がいる妻が受けるときは年間1,020,000円で、子が受けるときは年間792,100円の金額が受給できます。

寡婦年金は、老齢基礎年金の資格期間を満たした人が死亡した時、婚姻期間が10年以上ある妻に60歳から65歳になるまで支払われます。

たった5年ではありますが、その受給額は死亡した夫の年金受給額の4分の3という結構大きな金額です。

死亡一時金は、国民年金保険料を納めた期間が3年以上ある人が、国民年金や障害年金をいずれも受けないで死亡した時に、その遺族に支払われます。

死亡一時金の支給額は、国民年金保険料の納めていた期間によって変わります。一番長い35年以上納めていた場合で320,000円です。

ただし、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金は受給できるのはその1つだけで、複数を狙う事は出来ないようになっています。

2014年3月 6日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.stc-indiana.org/mtos422/mt-tb.cgi/29