教育資金の一括贈与、非課税を利用しよう

教育資金の一括贈与、非課税を利用しよう

大学全入時代と言われるようになっています。

大学ほんの一部を除いて、本当にどこでもいいのならば、簡単に入れるようになりました。

中学レベルの英語ができなくても、平気で大学入れてしまいますから・・・・

まったく何が大学だよと思います。しかし、お金の面で言えば飛んでもなく高いです。

4年生の私大では、年100万円越えがあたりまえ、文学部でも4年間で500万円ほどかかってしまいます。

日本は公立高校ですら、4年で200万円以上かかるのですから、実に教育にお金がかかかる国です。


これでは、少子化になるのも当たり前、わかい世代は、本当に子供を育てる系ぞ威力をつけるのに黒稀有します。

そんななかで、平成25年度税制改正があり、教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置というものができました。

これは、祖父母世代から、孫に、教育資金を贈与する場合非課税にするという措置です。

ただし、厳格な規定があるので、それをきちんと踏まえて贈与しないと、税金がかかるので注意ましまょう。

これば現金で渡すのではなく、金融機関にそれ専用の口座をつくり、そこに振り込むという方法をとります。

もちろん1つしか作る事ができまくせんから、複数の銀行に分散してというのはダメですので注意してください。

専用口座で最大1,500万円まで、教育資金として支払われたご資金について贈与税が非課税となりますから、教育にかかわる資金はここからすべて支払うというようにする必要があります。

2014年4月14日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.stc-indiana.org/mtos422/mt-tb.cgi/27